がんばれ東北、がんばれ日本
ホーム
cdvjについて
店舗支援情報
コラム 統計データ 週間レンタルチャート 関連リンク
加盟店様専用ログイン
ユーザ名:
パスワード:

チャート用データの提供店様専用となり、ログインが必要となります。

新規ご利用希望の方はこちらまでご連絡下さい

個人情報保護
レンタルと著作権
メディアコンテンツの古物買取りに関するルール

2018.4

第78回(1/3)

【著者:行 達也】

吉川さやかさん

吉川さやかさん

ミュージックソムリエ協会理事長・CDショップ大賞事務局長
吉川さやかさん

1965年生まれ。NPO法人ミュージックソムリエ協会 理事長、CDショップ大賞事務局長。東芝EMIで営業、販促、宣伝、A&R、アーティストマネージメントを担当し、2006年に退社。翌年、音楽プロデューサー&作詞家の故・鈴木健士とNPO法人ミュージックソムリエ協会を設立、2008年、CDショップ大賞を実施するべく全日本CDショップ店員組合を発足。2009年5月第1回CDショップ大賞授賞式を実施。毎年回を重ね2018年3月に第10回授賞式を実施した。また2011年〜2017年までRECORD STORE DAY事務局を運営しアナログレコードの普及にも務めた。

http://www.cdshop-kumiai.jp/taisho/

「行かなきゃ会えない音がある」をスローガンに毎年この時期に開催されているCDショップ大賞が今回でなんと10回目を迎えました。毎年1回やっているので、つまりは今年で10年目になります。僕も賞の立ち上げ時に実行委員として何年かお手伝いさせていただいてたのですが、パッケージの売上が年々下がっていく中、正直10年続くとは思ってませんでした(失礼)。今回は事務局で創立時から影でCDショップ大賞を支えてきた吉川さんにお話をお聞きしました。

―今回で10回目なんですよね?おめでとうございます!

「みなさんのおかげです。ありがとうございます。」

―よく続きましたよね(笑)

「ね(笑)。私自身もここまで続くとは思ってませんでした。3回目以降から毎年ドキドキしてました。」

―ドキドキ?

「3回目までっていうのは無我夢中でやってるから、もう転がっていくんですね。それが3回を過ぎるといろいろ考え出すというか『コレでいいんだろうか?』だとか邪念も交じって、余計なことまで心配になってくるんです。」

―最初の頃は本当に手探りでしたよね。こういう賞イベントって最初にひな形を作ってしまえば、あとは毎年フォーマットに沿ってスケジュールを進行すれば良いのでラクなはずなんですよね。それが、毎年、実行委員会の中でああでもない、こうでもないって喧々諤々やってたからちっとも落ち着かなかったっていうのが3年ぐらい続きましたよね(笑)

「そうでしたよね(笑)。でも今でも大なり小なりありますよ、そういうこと。喧々諤々ってほどでもないんですけど、例えば『部門賞はそんなに増やさなくていいのでは?』とかそういう細かいところで。」

[コラム一覧へ戻る]

今月のフリーペーパー

全国3000店で配布中のCD情報先取りフリーペーパー「J-CD NEWS」!
気になる話題の新譜のレンタルリリース情報などを掲載中!