がんばれ東北、がんばれ日本
ホーム
cdvjについて
店舗支援情報
コラム 統計データ 週間レンタルチャート 関連リンク
加盟店様専用ログイン
ユーザ名:
パスワード:

チャート用データの提供店様専用となり、ログインが必要となります。

新規ご利用希望の方はこちらまでご連絡下さい

個人情報保護
レンタルと著作権
メディアコンテンツの古物買取りに関するルール

2017.11

【著者:行 達也】

レジェンドに会ってきた(1/2)

このコラムを読んでいただいてるみなさまであれば、今さら説明不要の人物ですが、日本のポップスのレジェンド村井邦彦と山上路夫。この両氏による共作の名曲ばかりを集めたオムニバスCD『「翼をください」を作った男たち~山上路夫・村井邦彦作品集~』が12月に発売されます。選曲は当事者の山上さんご本人によるものなのですが、本当に収録曲のチョイスが「売れた」「売れなかった」ではなく、お二人が好きな曲という基準で選んでもらっているので、内容が本当に素晴らしいのです。この中で私がライナーノーツを担当させていただきました。実は昔から赤い鳥のファンで(もちろんリアルタイムではなく後追いなのですが)その中でも好きな曲を調べたら、そのほとんどが村井さんと山上さんの共作だったことから、すっかりのめり込んで、一時期は村井・山上名義のレコードばかりを収集していた次第なんです。そんな経緯もあって恐れ多くも仰せつかることになったのですが、なんと執筆するに当たって、お二人の取材をさせていただけるとのこと!天にも昇るとはまさにこれのこと、取材の1か月ほど前から喜びの興奮と大役を仰せつかった緊張で体調がどうにかなってしまうんじゃないかというぐらい動揺しておりました。実は10年ほど前にラジオのインタビューで村井さんにお話を伺ったことはあるのですが、もちろんその時も非常に緊張して、生きた心地がしなかったのですが、年月が経ったことでお二人を崇める気持ちは更に高まり、2回目にもかかわらず緊張は度合いを深めるばかりです。村井さんは基本的にアメリカで暮らしてらっしゃるので、来日されると赤坂のホテルに滞在されています。ということもあって、取材はホテルの一室(スイートね、スイート)にて執り行われました。

ほぼ定刻通りにみなさん集まって、和やかな雰囲気の中、対談はスタート。山上さんは腰が悪いらしく杖を突いていらっしゃいましたけど、ハキハキしていてまだ全然若々しかった印象です。村井さんは10年前と同様にフレンドリーな対応で、光栄なことに以前にインタビューさせていただいたことも覚えてくれてたのです。お二人とも日本のポップス史に名前を刻む偉人にもかかわらず、決して偉ぶることなく、とても親切に対応していただいてインタビューやりやすかったです。もう、お二人が発する一言一言が貴重過ぎて、全部そのまま原稿に使いたいところですが、そうもいかないので当然エディットはしてますが、それでもなかなかボリューミーな内容で70年代の歌謡曲を愛するみなさんには興味深い内容になっていると確信しているので、ぜひともお買い求めいただければと思います。

[コラム一覧へ戻る]

今月のフリーペーパー

全国3000店で配布中のCD情報先取りフリーペーパー「J-CD NEWS」!
気になる話題の新譜のレンタルリリース情報などを掲載中!